歯科治療の今をグローバルに見つめる歯科情報サイト

ゆすぎや歯磨き以外の口腔ケア対策

ゆすぎや歯磨き以外の口腔ケアってあるの?

口のゆすぎや歯磨きは口腔ケアの基本ではあるものの、口腔ケアの対象者が正しい呼吸法(鼻呼吸)を行い、健康面に気を遣い規則正しい生活とバランスのとれた食生活を継続していなければ、ゆすぎと歯磨きだけでは十分な口腔ケアが行えず、口臭や炎症、虫歯といった形で口内環境が蝕まれてしまうことになります。

このような事態を避けるための補助的な役割を担うのが、ゆすぎ及び歯磨き以外の口腔ケアで、呼吸法の改善、舌・口内粘膜の清掃での唾液量の増加、生活習慣の改善による免疫力の回復の三つが主に挙げられ、対症的療法として舌・口内粘膜の清掃、口腔保湿ケア用品や舌ブラシによる清掃が挙げられ、原因療法としては呼吸矯正トレーニングないし呼吸矯正用テープや生活習慣の改善が挙げられるでしょう。

日常的口腔ケアにはキシリトールガムが人気

口腔ケアは、呼吸法と生活習慣の改善に並行して行うことが前提としされていますが、自縄自縛によって日常的に雁字搦めになってしまっては、ストレスによる免疫力の低下を招きかねず、本末転倒です。

そこで、日常の中でストレスを強いられることなく、口腔ケアを行える人気商品キシリトールガムに出番が回ってきます。

キシリトールガムに期待できるのは、咬合力の強化、唾液量の増加をはじめとした、通常のガムと共通する効果以外にも、キシリトール特有の歯を溶かす酸を出さず、歯の再石灰化を促すと共に虫歯抑制といった効果を発揮する点で、既にこれらの効果は科学的に実証されており、周知されている通りの効果を発揮することに疑いの余地はないでしょう。

ただし、キシリトール配合率がどんなに高いキシリトールガムでも、あくまでゆすぎ・歯磨きをはじめとした口腔ケアの補助効果以上のものを発揮することはありません。


この記事をシェアする